事例・実績

災害復旧(DR)という考え方

災害時のシステム、データ損失への備えは?

サーバーDR(災害復旧 Disaster Recovery)は、自然災害などで被害を受けたシステムを迅速、かつ効率的に復旧するかという視点から、予防措置や機能、体制を整えるという考え方です。
様々な潜在的リスクに対応するために立案、準備するBCP(事業継続)の中で、大震災以降、対応が急がれている分野です。

災害時に復旧が遅れれば遅れるほど経済的損失は大きくなります。ネット通販事業会社であれば、売り上げがゼロの状態が続き、他の事業会社でも顧客データなどがなければビジネスが成立しない恐れがあります。

DR(災害復旧)をどう構築するか

サーバー

まず、データのバックアップをどうするかを決めることがDR構築の第一歩です。最近では、同時被災する可能性が高い、稼働システムのある建物や近隣地域ではなく、遠隔地にデータをバックアップするケースが増えています。

遠隔地にデータを単純に保管する方法のほか、稼働システムと同じシステムをバックアップにも構築する方法があります。この方法もバックアップのシステムを待機させ、データは定期的に同期させるコールドスタンバイと、待機せずにバックアップのシステムを同時稼働させ、常にデータを同期させるホットスタンバイの2種類があります。

被災時には、コールドスタンバイでは直近のデータで待機システムを稼働させます。ホットスタンバイでは、バックアップで同時稼働しているシステムへ迅速に切り替えます。
復旧までの時間、復旧できるデータのレベルを考えれば、ホットスタンバイが優れていますが、コストもその分かかりますので十分に検討してください。

遠隔地でのバックアップは同時被災リスクを低減できる反面、現地で直接操作する機会は少なくなります。また、被災時には現地に赴くことさえ困難になることを考慮しなくてはなりません。データセンターにコミュニケーションのはかれる技術サポート体制があるか、これも重要なポイントです。

H-IXデータセンターがDR環境の構築をサポート

H-IXデータセンターは、首都圏や関西圏との同時被災リスクの少ない立地にあり、自然災害の発生リスクのきわめて少ない恵まれた環境のなか、豊富かつ多様なDR運用実績を基に、お客さまのご要望にお応えし、多面的にサポートいたします。

<実績例>

ニッセイ情報テクノロジー株式会社 -BC/DRソリューションの展開-

ニッセイグループのIT戦略を担う企業としてあらゆるリスクに備えBC/DR環境を構築。

旭化成ネットワークス株式会社 -遠隔地バックアップサービスサイト構築-

信頼と実績の高品質データセンターが遠隔地バックアップサービスサイトをH-IXに構築。

中空知広域市町村圏組合 -BC/DR環境構築-

5市5町の戸籍管理システムの共同運用を開始。災害時に備え、BC/DR環境をH-IXに構築。

C社:DRサイト運用

災害時オペレーションから日常メンテナンスまでH-IXで受託。

お問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ:011-330-7606
  • 災害リスクの低い土地北海道札幌市
  • 信頼ある電源設備24時間365日安定した運用
  • 冷涼な気候を活用し、環境負荷低減を実現したH-IXグリーンフロア
  • 万全のセキュリティ!災害に強い!国産DCで安心 DCCクラウドキャビネット