LOCATION 札幌・立地について

北海道札幌市・H-IX データセンター > 札幌・立地について

BCP(事業継続)、災害対策などに最適な北海道・札幌の立地について

北海道札幌市は日本の中でも地震や台風など自然災害の発生確率が低く、天候も年間平均気温8.9℃と冷涼な気候で、BCP(事業継続計画)や災害対策を考えたデータセンター選びには最適な立地条件です。
また地理的に首都圏や関西圏との同時被災リスクが低く、都市としての交通網も整備されており、しかもH-IXデータセンターは都心3Km圏内というアクセスに優れた立地環境にあります。ファシリティやセキュリティの質の高さ、充実したサービスメニュー、そして人材力。
H-IXデータセンターは、データセンターに求められる様々な要求を高いレベルで満たしています。

今後30年以内に震度6弱以上の地震が発生する確率が極めて低い地域

H-IXデータセンターの所在地は、震度5弱以上を観測したことのない地域です。東日本大震災の際は震度3、北海道胆振東部地震では震度4の計測値となっています。
地震発生頻度が高い北海道東部とは距離が離れているため、北海道東部で地震が発生しても影響を受けにくい立地です。(札幌~釧路間の直線距離は250kmで、ほぼ、横浜~名古屋間の直線距離と同じくらい離れています。)

今後30年以内に震度6弱以上の地震は発生する確率が1.6%と各主要都市と比べても極めて低い確率であり、九州から首都圏まで広域被害想定されている南海トラフ地震に関しても、札幌市は被害想定エリア外です。

出典:防災科学技術研究所ホームページ
地震ハザードステーション(2018年度版)

<今後30年以内に地震が発生する確率>

※横にスクロールしてご覧いただけます。


震度5弱震度5強震度6弱震度6強
北海道 H-IX所在地域 45.0% 11.6% 1.6% 0.1%
宮城県 仙台市 76.1% 31.2% 6.1% 0.8%
埼玉県 さいたま市 99.9% 95.1% 55.4% 10.5%
千葉県 千葉市 100.0% 99.8% 85.2% 34.2%
東京都 新宿区 100.0% 96.1% 59.7% 12.6%
神奈川県 横浜市 100.0% 99.1% 81.6% 31.1%
新潟県 新潟市 81.9% 37.0% 13.0% 4.1%
静岡県 静岡市 90.6% 78.9% 70.1% 50.8%
愛知県 名古屋市 85.7% 73.7% 46.2% 9.4%
京都府 京都市 82.4% 55.4% 13.5% 1.2%
大阪府 大阪市 93.1% 81.6% 55.7% 14.5%
兵庫県 神戸市 90.6% 77.5% 44.7% 8.2%
岡山県 岡山市 85.2% 72.7% 42.6% 7.9%
広島県 広島市 87.8% 64.5% 23.8% 4.3%
福岡県 福岡市 71.3% 29.2% 8.3% 3.4%
熊本県 熊本市 77.4% 34.2% 7.7% 1.2%
沖縄県 那覇市 81.9% 47.2% 20.1% 4.4%
出典:防災科学技術研究所ホームページ地震ハザードステーション(2018年度版)

津波の心配のない内陸、N値50の強固な地盤

H-IXデータセンターは、沿岸部から内陸へ約15km入った地点にあり、津波の影響を受けにくい立地にあります。
また、立地地盤は、液状化のおそれが極めて低く、建物自体の支持基盤がN値50の強固な場所にあります。

※N値とは、地盤の硬さを示す指標で、数値が大きいほど硬い。50以上は極めて硬いとされます。

一級河川の豊平川からは約3km離れており、洪水ハザードマップの洪水時最大水位50cm未満の地区となっています。建物は150cm以下の開口部がないため、台風や大雨による水害の恐れもありません。

<津波の影響を受けにくい立地>

<液状化危険度図>

出典:札幌市・地震防災マップ(液状化危険度図)
2019年3月30日時点

全国からの優れたアクセス

地下鉄が利用できる札幌都心にあるため、航空アクセスの拠点・新千歳空港とのアクセスも軽快・快適です。新千歳空港へはJR快速で乗車わずか37分、車で約60分。全国各地域からのアクセスもスムーズです。また、積雪寒冷な北海道ですが、札幌市は除雪体制が整っているため、冬も快適なアクセスが保たれます。

ご相談・資料請求・お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ011-330-7606

メールでのお問い合わせ