事例・実績

BCP対策は万全ですか?

BCPとは事業継続計画(Business Continuity Plan)のことで、大規模災害などで緊急事態が発生した後も、会社を継続できるようにするための計画のことです。
緊急事態に有効な手を打つことができなければ、事業の縮小、企業規模によっては廃業に追い込まれるケースも考えられます。
緊急事態に遭遇した場合に事業資産への被害を最小限にとどめ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧ができるように、事前に対策を立てておくことが必要とされています。
事業継続計画(BCP)の策定や見直しは、会社を継続し、社員や顧客を守るためにも大変重要です。

事業継続計画策定時に想定するリスク

想定される大きなリスクとしては、地震・台風・洪水・新型インフルエンザなどの災害リスク、爆発・火災・停電などの事故リスク、テロ・脅迫・情報漏えいなどの社会リスクの3つが挙げられます。

これらのリスクが現実のものになれば、情報システムにおいては、システムダウン・ハード故障・ネットワーク途絶・データ消失など、企業活動に大きな影響を与えます。

顧客情報、取引情報を消失したり、システムの復旧が大幅に遅れることは、お客さまや取引先に商品サービスの提供ができずに売上・利益を減少させるだけでなく、契約不履行による信用の失墜、訴訟など大きなダメージを被ることにもなりかねません。

データを守る専門機関である「データセンター」の様々なサービスを活用することで、3大リスク回避の対策を講じることができます。

データを守る専門機関「データセンター」

H-IXデータセンターは災害リスクの低い土地である札幌に位置し、都市としての交通網にもすぐれた利便性の高い立地環境です。
事業継続計画(BCP)の策定を行ううえで、災害リスクの低い安全な土地のデータセンターを選びバックアップを取っておくことは、重要なポイントです。
緊急時の情報システムのトラブルへの対策として、同時被災しない、離れた場所にシステム・データのバックアップをとることをお考えください。データセンターのサービス「ハウジングサービス」「運用支援サービス」の利用をおすすめいたします。

H-IXデータセンターでは、災害リスクの低い北海道札幌市という立地と24時間対応監視や運用の個別対応サポートなどファシリティ両面からご要望にお応えし、お客さまをサポートいたします。

お問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ:011-330-7606
  • 災害リスクの低い土地北海道札幌市
  • 信頼ある電源設備24時間365日安定した運用
  • 冷涼な気候を活用し、環境負荷低減を実現したH-IXグリーンフロア
  • シマンテック ドットクラウド