事例・実績

こんなときにデータセンター

規模を問わずどんな企業でも、インターネット上の取引や業務データなど大量のデータを扱っています。
「災害や障害などで社内サーバが停止したり、復旧できずにデータやシステムが消えてしまったら…」そんな不安を情報システムを管理する多くの担当者は抱えています。

災害発生時の停電、地震や水害などからサーバを守らなければならないですし、熱に弱いサーバの温度管理、さらに情報漏洩を防ぐためにサーバルームのセキュリティを強化するなど、最悪の事態を回避するための対策を日々行う必要があり、こころがやすまる時がありません。

そんな不安を和らげるのがデータセンター活用です。より良いデータセンターを選べば、大切なデータやシステムを守れます。

地震も少なく、津波などの水害もない災害リスクが低い地域に建つデータセンターをお選びください。さらに、建物・設備の堅牢性を確認して何重にもリスク回避を行います。建物が堅牢か、複数の変電所から受電しているか、非常用発電装置はあるのか、温度管理体制などもチェックしてください。また、厳重な入退室管理、有人監視などのセキュリティ体制が整備されているかも見逃してはいけません。

データセンターのサービス

データセンターのサービスには、大きく分けて、お客さまのサーバやネットワーク機器をデータセンター内のラックにお預かりするハウジングサービスと、仮想化されたサーバリソースをお客さまのご要望にあわせてご提供するクラウドサービスがあります。

サービスの選択は、サーバを継続使用して自社の資産として所有したいのか、あるいは機器の更新・増設など煩わしいのでサーバを借りたいのかによって決まります。また、これまでの利用内容、さらに新規ビジネスなど、将来の展開を整理して、データセンターに相談するとより良い選択ができます。

同時に、社内サーバを管理・運用していた技術者にこれまで通り同じ仕事をさせるのか、それとも、アウトソーシングして技術者には新規ビジネスなどの別の仕事をさせるなど、視野を拡げた検討も必要になってくるでしょう。

データセンター活用が、不安を抱えた状況から、ビジネスチャンス創出への大きなきっかけとなるはずです。

備えあれば憂いなし

万が一の事態になっても事業が継続できるよう、事前に備えておくための指標を、事業継続計画(BCP)といいます。事業継続計画の策定や見直しは、会社を継続し、社員や顧客を守るためにも大変重要です。

H-IXデータセンターは、この事業継続計画をサポートするための様々な条件とサービスを備えています。

データセンターにシステムを設置したり、バックアップをしておけば、メインシステムとの同時被災を防げます。サーバをお預かりし、堅牢なファシリティと厳重なセキュリティ管理のもとで、大切なシステムをお守りするハウジングサービスや、サーバやネットワーク機器の監視や復旧、定期業務の代行などの運用負荷をサポートする24時間体制の運用支援サービスなど、安心してお任せいただけるサービスをご用意しています。

社内システムの重要度に合わせ、利用するサービスの取捨選択をすることでコストを抑え、自社に合った賢い利用法で備えましょう。H-IXデータセンターは、北海道・札幌という災害リスクの低く全国からのアクセスも良い立地、北海道電力グループとしてのノウハウを活かし安定した電力供給、堅牢なファシリティと厳重なセキュリティ管理のもとで皆さまの信頼にお応えしています。

お問い合わせ
WEBからのお問い合わせ
お電話によるお問い合わせ:011-330-7606
  • 災害リスクの低い土地北海道札幌市
  • 信頼ある電源設備24時間365日安定した運用
  • 冷涼な気候を活用し、環境負荷低減を実現したH-IXグリーンフロア
  • シマンテック ドットクラウド